逆マーチンゲール法(パーレー法)で225先物は勝てるのか検証

スポンサーリンク

前回はカジノ必勝法?であるマーチンゲール法を用いて、相場で勝てるか検証を行ってみました。そのまま用いたのでは、なかなか勝つことは難しそうです。

マーチンゲール法には反対のバージョンである、逆マーチンゲール法であるパーレー法という手法もあります。

今回は、この逆マーチンゲール法(パーレー法)を用いて、その有用性を225先物で検証してみます。

逆マーチンゲール法(パーレー法)とは

逆マーチンゲール法(パーレー法)とはカジノ攻略法の一つです。

マーチンゲール法では負ければ掛け金を2倍にしていきますが、逆マーチンゲール法では逆に勝てば掛け金を2倍に増やしていきます。勝つたびに2倍にしていき、連勝できれば大儲け出来る手法です。

逆に負ける時は少ししか負けないので(常に1枚分の負け、又は大勝ちした後の負け)、かなりの損小利大手法になります。

例)1枚仕掛けて100円買つ場合

1回目 1枚 勝ち 100円 総額100円

2回目 2枚 勝ち 200円 総額300円

3回目 4枚 勝ち 400円 総額700円

4回目 8枚 勝ち 800円 総額1500円

5回目 16枚 負け 1600円 総額 -100円

この例では、4回目までで止めれば、1500円という大勝ちで止めることが出来ます。しかし調子に乗って5回目までやってしまうと、今までの勝ち分をすべて失います。

但し、負ける額は100円です。

負ける際にはどんな場合でも100円しか損しません。

究極の損小利大手法です。

但し、大勝ちした際に勝ち逃げしないと、永遠に損切りすることになり、最後には必ず負けてしまいます。

ですので、どこで勝ち逃げするかがポイントになります。

また、勝ち続けると枚数が増えていきますので、証拠金額以上には仕掛けられませんので、どの辺で止めるか最初に確認することが必要です。

逆マーチンゲール法(パーレー法)で225先物を検証

今回も225先物で検証を行ってみます。

売りか買いかはどうでもいいですが、とりあえず売りのみのパターンで検証を行います。

1990年から1枚づつ売り続けた場合の累積損益曲線は以下のグラフです。

右肩上がりになっていますが、最近は横ばいです。

次に、逆マーチンゲール法(パーレー法)での累積損益曲線です。

今回は、5回勝ったら勝ち逃げする設定で検証してみました。

5回目では仕掛ける枚数は、1枚・2枚・4枚・8枚・16枚となり、16枚目で勝てば勝ち逃げです。

結果は以下の通りです。

綺麗な右肩上がりにはなりません。

利益は出ているのですが、ドローダウンがきついです。

全然勝ち逃げできていないようですね。

何回目で勝ち逃げすれば、右肩上がりの累積損益曲線になるのか調べましたところ、1回目であることが分かりました。

えっ、1回目!

つまり1回勝ったらすぐに止める事です。この時の累積損益曲線は下記です。

つまり、売りを行って勝ったら止める。下がっている間はやらずに、上がってから売り始め、1回勝ったら止める。このやり方が最も良いようです。

これはもう逆マーチンゲール法ではありませんねえ。

ちなみに買いのみで同じように1回勝ったら止める場合の累積損益曲線は下記になります。

1994年頃以降は右肩上がりにはなっています。買いのみだと右肩下がりなので検討の余地はありますね。

ドローダウンが大きいようにも見えます。

逆マーチンゲール法(パーレー法)では、数回買ってからの勝ち逃げは不利である事がわかりました。

そんなにうまく逃げられないのが現実の様です。

ご参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする