楽天銀行が長期の放置で取引停止中の表示、解除方法は?

スポンサーリンク

所用で新しい銀行口座が必要になったので、ネット銀行でも開設しようかと調べていましたら、「そういえば昔ネット銀行作ったなー」と思い出しました。

調べてみると「イーバンク銀行」でした。

使えるかとアクセスしてみると、なんと「楽天銀行」に変わっていました。

どんだけ放置していたんだ・・・。

過去の資料を調べながら四苦八苦してログインに成功したのですが、下記の様に「取引停止中」の文字が・・・。

何故なんだろう、と考えてみると、銀行預金は10年間放置すると休眠口座になることを思い出しました。

開設したのが11年前でしたので、10年を超えていたのです。

では、どうすれば取引停止中の口座を解除できるのでしょうか?

1.まず楽天銀行のカスタマーセンターに連絡する

カスタマーセンターに電話をしますと、本人確認のため口座番号などと共に、生年月日やらを確認されます。

それが一通り終了すると、現状の問題を調べてくれます。

住所の確認の後、「この住所に書類を送りますのでよろしくお願いします」と言われて終了です。

すぐに解除はしてくれません。

「時間かかるのかよ・・・」

2.書類が届く

1週間程度で郵送で書類が届けられます(時間が掛かる)。

入っている書類は一枚のみ。

やることは本人確認書類(免許証のコピーなど)をその紙に添付し返送することです。

特に記入するところは有りませんでした。

3.書類送付後に口座停止が解除される

私の場合は、書類返送後一週間程度で「取引停止中」が解除されました。

手続きから2週間程度はかかります。

結構手間が掛かりますね。

最後に

銀行口座を10年も放置することはあまり無いかもしれませんが、沢山口座を持っていれば一つくらいは、放置状態になってしまうかもしれません。

今回はネット銀行でしたが、通常の銀行でもそれなりの時間はかかるのかもしれませんので、放置状態にならないように定期的に入出金は必要でしょう。

ご参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする