Microsoft Officeは、仕事でも自宅でも利用する機会の多いソフトです。

昔は、パソコン販売店で2・3種類くらいしかないOfficeのパッケージから自分に必要なソフトの入ったパッケージを選んで購入し、DVDからパソコンにインストールすれば、Officeを使用する事が出来ました。

しかし、現在ではパッケージ販売が無くなり、インストールはネットからソフトをダウンロードして行い、購入してもらえるのはプロダクトキーのみです。

その上、プラン(サービス)が複雑でどれを選んで良いのかわからなくなっています。

そこで、本記事では様々なプランの価格や機能を比較し、個人で利用するのに最適なプランが選べるように解説を行います。



個人で利用できるOfficeの価格や機能を紹介!

Office 365は年契約のOfficeプラン!

Microsoft Officeは、プラン(サービス)名に「365」が付くプランと「365」が付かないプランが有ります。

それらの違いは下の表の通りです。

「365」が付くプラン「365」が付かないプラン
契約期間年契約(月契約も有り)永続ライセンス
契約の更新1年毎(毎月)更新が必要永久に利用可能(実際にはサポート期限がある)
支払い毎年(毎月)支払いが必要購入時に支払えば、その後は支払いは不要
使用できるバージョン常に最新バージョンが使用可能購入したバージョンのみ使用可能

「365」が付くプランは、年契約(月契約も有り)のOfficeで、更新毎に費用が必要です。しかし、その代わりに常に最新バージョンのOfficeが使用可能です。

「365」が付かないOfficeは、従来のパッケージ版と同じで、一度購入するとサポートが終わるまで利用可能です。

これは恐らくですが、「365」とは365日(1年間)の意味で、年契約で更新するOfficeってことでしょうね。そう考えると各プランが理解しやすいです。

個人で利用できるOfficeのプランを紹介!

個人で購入する場合の選択肢を、価格を含めて表にまとめました。

下の表では個人で利用できるプランを紹介しています(法人向けプランは除外しています)。

プラン(サービス)名ライセンス期間料金
Office 365 Solo1年(月額プラン有り)¥12,744(年払いの場合)
Office Home & Business 2019永続ライセンス¥37,584
Office Personal 2019永続ライセンス¥32,184
Office 365 Business年契約(購入先によっては月契約も有り)¥900(月相当、年間¥10,800)

Office 365 BusinessはMicrosoftのサイトでは「一般法人向け」とありますが、個人でも購入する事が出来ます。

Office 365 BusinessはMicrosoftのサイトでは年間契約ですが、「お名前.com」のサイトでは月単位で契約が可能です。その場合、3か月は解約できませんが、4カ月目以降は解約が可能です。

「365」が付くプラン、「365」が付かないプランが2種類づつあります。

それぞれのOfficeの機能の違い

それぞれのOfficeの機能はどう違うのでしょうか?

下の表にまとめました。

まずは永続ライセンスです。

Office Home & Business 2019Office Personal 2019
アプリケーションWord
Excel
Power Point
Outlook
Word
Excel
Outlook
利用可能デバイスと台数同一ユーザーが利用する2台のWindowsPC又はMac 同一ユーザーが利用する2台のWindowsPC又はMac
OneDrive(オンラインストレージ)の利用不可不可
料金¥37,584 ¥32,184

使用条件は、従来のパッケージ版のOfficeと同じです。

2台のパソコンまでインストールして利用できます。

 

次に「365」のプランです。

Office 365 SoloOffice 365 Business
アプリケーションWord
Excel
Power Point
Outlook
Publisher
Access
Word
Excel
Power Point
Outlook
Publisher
Access
利用可能デバイスと台数 インストールデバイスは無制限、同時使用デバイスは5台まで1ライセンスで1人当たりPC5台、スマホ5台、タブレット5台までインストール可能
OneDrive(オンラインストレージ)の利用1TB利用可能1TB利用可能
Skypeの無料利用Skypeから固定電話・携帯への発信が毎月60分無料無し
最大契約ユーザ1人300人
料金(年額)¥12,744 ¥10,800

月額プランもありますが年額プランより割高になります。但し、お名前.comで Office 365 Business を申し込めば、月単位900円で契約可能です。

 

結局どのOfficeを選べばよいか?

家でEXCELとWORDしか使用せず、使用デバイスが2台以下の場合はOffice Personal 2019を選べ!

ご家庭では、普通WordかExcelしか利用しませんよね。

家にパソコンって1台か、せいぜい2台ですよね。

恐らくPower Pointも使わないでしょう。

その場合は Office Personal 2019 を選ぶのが良いでしょう。

Office 2019は2025年まで利用できます。

2019年からですと、6年使用できます。

その場合の費用は、

Office Personal 2019 ・・・ ¥32,184 (6年使用)

Office 365 Business・・・¥64,800(6年使用)

となり、Office Personal 2019が最も安いです。

但し、2019の次のバージョンが出ても、アップグレードできませんが、ご家庭で使う分には困ることはないでしょう。

上記以外なら、Office 365 Businessがお得!

  • Power Pointを使用したい
  • 3台以上のデバイスで使用したい
  • 常に最新のOfficeを使用したい

等の利用が必要であれば、Office 365 Businessがお得です。

Office 365 Business・・・ ¥10,800(年額)

Office 365 Solo ・・・¥12,744(年額)

Office 365 Businessの方が、¥1,944安いです(年額)。

Skypeで無料通話が欲しい場合は 、Office 365 Soloも有りですが、恐らくほとんどの方が必要ないでしょう。

 

以上、最新のOfficeを見てきましたが、年更新の365が出てからわかり難くなっています。

ご自分の利用状況を確認して、より安い方を選択するようにしましょう。

またご家庭で本格的にOfficeを利用しない場合は、低価格や無料のOfficeも有るので、検討する余地はあるでしょう。

 

この記事がご参考になれば幸いです。