スーパームーンは、1年で最も月が大きく見える満月の事を指す言葉ですが、最近はよく話題になります。

そんなスーパームーンですが、2019年は2月に見れましたが、次に見れるのは2020年になりそうです。

スーパームーンの時には、月に向かって願い事をすると願いが叶いやすいなど、良い話もありますし、災害が起こりやすいなど都市伝説のような悪い話もあります。

では、スーパームーンは2020年のいつ起こるのか?見れる時間はいつなのか?について調べました。

またスーパームーンはいつから言われだしたのか?についても気になるので調べてみました。

 

 

 



スーパームーンは2020年のいつ起こるの?見れる時間は?

スーパームーンが次に起こるのは、2020年4月8日(水)です。

そして日本で月が見れる時間は、4月8日夕方の18:00から19:00頃からです(日本各地の月の出時刻は後述しています)。

 

月と地球の距離が1年で最も近くなる満月をスーパームーンと呼びますが、2020年の月と地球の距離を天体シュミレーションソフト「Planet Mate」を用いて計算しました。

その結果が次の図です(図をクリックすると拡大します)。

 

(利用ソフト:Planet Mate http://hp.vector.co.jp/authors/VA024411/planetmate/index.html)

 

この図から、月が最も地球に近い満月は2020年4月8日であることがわかります。

 

また満月の時間帯ですが、国立天文台の公式サイトより、満月の月齢を14.7~14.8くらいとして計算すると、2020年4月8日の満月の時間帯は、11:00~14:00頃となります。

(引用元:国立天文台公式サイト https://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/koyomix.cgi)

 

では日本でスーパームーンを見れる時間ですが、残念ながらスーパームーンの時間帯は日本は昼間ですし、しかもまだ月は出ていません。

日本で月が出るのは、4月8日の夕方頃です。スーパームーンのピークは少し過ぎていますが、見てわかるほど月はまだ欠けてないので、スーパームーンとして見ても問題ないと思います。

国立天文台の公式サイトより、2020年4月8日の日本の各地域での月の出時刻を算出しました。月が出たらスーパームーンを見に行きましょう。

地域2020年4月8日
月の出時刻
札幌18:18
仙台18:17
東京18:20
名古屋18:32
大阪18:38
福岡18:58
那覇19:06

(引用元:国立天文台公式サイト https://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/koyomix.cgi)

  



スーパームーンはいつから言われだしたの?

最近は当たり前のようにスーパームーンと呼んでいますが、実はスーパームーンは天文学用語ではなく、決まった定義がないのです。

来年のスーパームーンの日時を、1年で最も月が地球に近づく満月と定義して算出しましたが、この定義は世間一般で考えられているイメージ「1年で最も大きく見える満月」を元に計算したものです。

ではスーパームーンは誰がいつから言い出したのでしょうか?

 

スーパームーンはいつから、誰が言い出したのか?

スーパームーンをはじめに言い出したのは、アメリカの占星術師である「リチャード・ノール」で、1979年に命名した言葉です。

 

アメリカの占星術師、リチャード・ノールです。

 

宇宙探査やJAXAの広報に長年携わってきた寺薗淳也(てらぞの じゅんや)さんが書かれた本『夜ふかしするほど面白い「月の話」 (PHP文庫)』の第一章の中にスーパームーンを説明する部分があります。

その中で、スーパームーンがリチャード・ノールによって1979年に命名されたと説明しています。

さて、この「スーパームーン」という用語ですが、そもそも天文用語ではありません。

もとをたどっていくと、実は占星術に行き着きます。占星術師のリチャード・ノールが、1979年に命名した言葉です。

占星術は科学とは異なるものですので、天文学者はスーパームーンという用語は使いません。むしろ「近地点の月」(ペリジー・ムーン)という言い方を好みます。

(引用元:寺薗淳也著  夜ふかしするほど面白い「月の話」 (PHP文庫) )

スーパームーンが天文用語でないことなども説明されています。

 

この本には、他にも最近話題のブルームーンやストロベリームーンの説明など、月に関する雑学が面白く掲載されています。

  



リチャード・ノールの言うスーパームーンとはどんな現象なのか?

スーパームーンは天文学では定義されていませんが、最初に言い出したリチャード・ノールは、スーパームーンについて自身のサイトで次のように述べています。

地球と月の距離が368,630km以内で、地球と月と太陽が直線状に並ぶとき、すなわち満月か新月の時をスーパームーンと呼ぶ。

(引用元:リチャード・ノール のサイト http://www.astropro.com/features/articles/supermoon/)

 

この定義からすると、2020年はスーパームーンが10回くらい有ることになります。

これでは多すぎて、ちっとも有難くありません。しかし、占星術的には太陽と月と地球が並ぶので、その合わさった引力によって地球環境や人の健康・運勢に影響を及ぼすと考えるのでしょう。

 

 

最初にスーパームーンを言い出したリチャード・ノールの定義は、占星術としては意味があるかもしれませんが、月を鑑賞する人にとっては余りなじみのないものでした。

現在世の中で言われているスーパームーンのイメージは「非常に大きく見える満月」ですから、今回ご紹介した2020年のスーパームーンは、月が最も地球に近づく満月の4月8日で問題ないと思います。

いつもより大きく明るい満月を楽しみましょう。

 

この記事がご参考になれば幸いです。