元宝塚歌劇団で女優のRiRiKAさんが、国際的に活動する陶芸家の青木良太さんと結婚することが、スポーツ報知で報じられました。

 

青木良太さんは陶芸家ですが、どんな人なのでしょうか?

またどのような作品を作っていて、その作品の評判はどうなのでしょうか?

気になる経歴やプロフィールについてご紹介いたします。

 

 



青木良太(陶芸家)の経歴・プロフィールを紹介!

↓陶芸家の青木良太さんです。

 

青木良太(陶芸家)のプロフィール紹介!

スポーツ報知より、青木良太さんのプロフィールは次の通りです。

【名前】青木良太 (あおきりょうた)

【出身地】富山県生まれ

【生年月日】1978年3月3日

【年齢】41歳

【出身大学】詳細後述

 

青木良太さんが卒業した大学ですが、CINRA.NETのインタビューの中で、次のように話しています。

僕、愛知県の大学に行ったんですけど、そこを受けるまでに、16くらい落ちてるんですよ(笑)。もう推薦しかなくなってしまって、二次募集で拾ってくれたのがその学校。中小企業の経営者を養うところで、僕は経営情報学部経営情報学科に行きました。

(引用元:CINRA.NET https://www.cinra.net/interview/2009/04/14/000000)

愛知の大学で、経営情報学部経営情報学科のある大学になります。 

みんなの大学情報から探しましたところ、中部大学に経営情報学部があり、現在は募集を停止していますが、経営情報学科もあります。

愛知県の他の大学に経営情報学部経営情報学科はありませんので、青木良太さんの出身大学は中部大学の可能性が極めて高いです

(引用元:みんなの大学情報 https://www.minkou.jp/university/school/20447/)

 

青木良太(陶芸家)の経歴紹介!

CINRA.NETによると、大学在学中に「自分が好きなことを職業にしよう」と考えた青木良太さんは、行きつけの雑貨屋で見つけた陶芸作品に感動して、多治見市陶磁器意匠研究所に入学しました。

多治見の学校に入学したのは、多治見からは人間国宝がいっぱい出てるからだそうです。

 

2002年に多治見市陶磁器意匠研究所を卒業した後は、陶芸作家として活動を開始。

2002年にテーブルウェアフェスティバル最優秀賞、東京都知事賞、朝日現代クラフト展奨励賞を受賞。

2004年にはスイス・ジュネーヴのEcole de arts decoratiftsに研修生として留学。

2006年にはテーブルウェアフェスティバル最優秀賞受賞。

2008年には、台湾国際桃源ビエンナーレ特別賞を受賞。

国内外で数多くの賞を受賞しています。

 

数多くの賞を取れるのは、年間2万5000種もの釉薬を試し、日夜研究に励みながら作品を作り続けているからです。

(引用元:CINRA.NET https://www.cinra.net/interview/2009/04/14/000000)

 



青木良太(陶芸家)の作品の評判は?

青木良太さんは非常に斬新な、陶芸作品を数多く作られています。

青木良太さんの作品の評価を、ツイッターの口コミでご紹介します。

  

様々な色が溢れている陶器作品です。

その中でもスワロフスキーに度肝を抜かれたとのご意見です。

確かにすごい出来栄えですね。

  

こちらは荘厳さが魅力の陶磁器です。確かに美しい陶器ですね。

 

1年以上悩むほど欲しくなる陶芸作品だそうです。欲しいけどなかなか踏ん切りがつかない気持ちはわかります。

 

  

これほど見事な作品ですが、気になるのはお値段ですね。

青木良太さんの公式ギャラリーサイトより、少しだけお値段を見てみます。

 

↓こちらは内側にプラチナを焼き付けた、内側が鏡のように光る茶碗です。この茶碗は想像を超えています。

価格は162,000円です。

 

 

↓こちらは乳白色の釉薬を塗った茶碗です。落ち着いた感じの作品ですね。

価格は86,400円です。

 

 

↓こちらは小さくて(約Φ8x h9.5cm)、お値段もリーズナブルです。価格は4,320円です。

(引用元:青木良太ギャラリー https://www.ryotaaokipottery.com/

 

 

陶芸家・青木良太さんの経歴・プロフィール、作品の評判について紹介しました。

青木良太さんの作品は非常に斬新で、他にない美しさがある作品です。

ちょっと普通の人の想像を超えた作品ですので、度肝を抜かれますね。

これからも人を感動させる作品を作ってくれるでしょう。

 

 

この記事がお役に立ちましたら幸いです。