2020年東京オリンピック・パラリンピックがいよいよ来年に迫ってきました!

日本で行われる夏季オリンピックは、前回の東京大会(1964年)に引き続き56年ぶり2回目です。

前回からかなり時間が経っているので、日本での夏季オリンピックは、若い人から中高年の方まで、ほとんどの方が初めての体験になります(もちろん私もです!)。

それだけに期待が高まりますね。

チケットの予約も始まりましたが、大変な混雑になっているようです。

さて期待の高まる2020東京オリンピックですが、メダルを期待できる競技は、柔道、水泳、レスリング、卓球など数多くあります。

その中でも前回のリオデジャネイロオリンピックでメダルを獲得した、陸上・男子400mリレーにも期待が高まります。

今回はこの気になる 陸上・男子400mリレーについて、東京オリンピックでは誰が走ることになるのか調べてみました。



来年の東京オリンピック、陸上男子400mリレーの日本メンバーは誰?

前回の2016リオデジャネイロオリンピックでの男子400mリレーでは、皆さんご存じの通り、日本は見事銀メダルを獲得しています。

この時のメンバーは、

山縣亮太、飯塚翔太, 桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の4名でした。 (2016リオデジャネイロオリンピック)

100mのタイムで、9秒台の選手が一人もいない中で快挙の銀メダルでした。

ちなみに、男子400mリレーについては、2008北京オリンピックでも銀メダルを獲得しています。

この時のメンバーは、

塚原直貴、末續慎吾、髙平慎士、朝原宣治 の4名でした。(2008北京オリンピック)

懐かしいですね、当時の興奮を思い出します。

では、来年の2020東京オリンピックでのメンバーはどうなるのでしょうか?

残念ながらまだわかりません。

その事より、男子400mリレーのオリンピック出場権を獲得するのが先決です。

5月11日に横浜・日産スタジアムで行われた「IAAF世界リレー2019横浜大会」で最後のアンカーへのバトンミスで日本は失格になってしまいました。

非常に良い走りをしていたのに大変残念です。

オリンピック出場確定にはなりませんでしたが、十分に挽回可能ですので、2020東京オリンピックでは出場しメダルを取って欲しいです。

さて 「IAAF世界リレー2019横浜大会」で のメンバーは、

1走:多田修平、2走:山縣亮太、3走:小池祐貴、アンカー:桐生祥秀
( IAAF世界リレー2019横浜大会 )

の4名でした。

東京オリンピックの出場権が獲得できれば、オリンピックのリレーで走る可能性が高い選手の方々でもあります。

よって、これらの選手をご紹介します。

多田 修平(ただ しゅうへい)

住友電工所属の22歳。関西学院大学卒業。

身長:176cm、体重:68kg

100mの自己ベストは10秒07

山縣 亮太(やまがた りょうた)

セイコーホールディングス所属の26歳。慶應義塾大学卒業。

身長:177cm、体重:74kg

100mの自己ベストは10秒00

小池 祐貴(こいけ ゆうき)

住友電工所属の23歳。慶應義塾大学卒業。

身長:173cm、体重:73kg

100mの自己ベストは10秒17

桐生 祥秀(きりゅう よしひで)

日本生命所属の23歳。東洋大学卒業。

身長:176cm、体重:70kg

100n自己ベストは9秒98(追い風参考記録の9秒87あり)。

日本歴代トップの成績です!

サニブラウン・アブデル・ハキーム

そしてこの選手も忘れてはいけません。

桐生選手に次いで、日本で10秒を切った選手です。

現在はフロリダ大学在学の20歳。

身長:188cm、体重:79kg

100mの自己ベストは9秒99です。

日本でも100mで10秒を切る選手が出てきています。

ウサイン・ボルト選手が引退して次回の東京オリンピックは出場しないことから、400mリレーで日本は金メダルを取れるかもしれません。

選手の方々には是非素晴らしい走りを見せて頂きたいです。

もちろん私も応援いたします!

 

この記事がお役に立つようでしたら大変うれしいです。